【FIFA】固有フェイスはこうして作られる… フェイススキャンの大変さをスタッフが語る記事を紹介

画像は記事から

FIFAでは固有化の方法として代表的なのは選手をスキャンする方法と写真から作成する方法があります。前者は毛穴までリアルですが、当然時間とお金が非常にかかります。後者は前者に比べ簡単ですが、スキャンに比べると劣ってしまいますし、選手によっては違和感があります。今回はフェイススキャンの大変さが分かる記事を紹介。

「FIFA 19」では、新たなチャンピオンが生まれ、夢が実現し、そしてUEFA Champions Leagueの舞台でレジェンドが誕生します。世界中の注目を集める大会の熱気を伝えるために、EA Vancouverのデータ収集スペシャリストのSam MynottとモーションキャプチャーシステムのスペシャリストであるPaul Bouletは世界中を旅して、スタープレーヤーの特徴データを収集しています。彼ら自身とEA Motion Capture Studioについて聞いてみましょう。…(続きはリンク先で)

https://www.ea.com/ja-jp/news/in-their-own-words-scanning-the-stars-in-ea-sports-fifa
撮影の様子をタイムプラスで撮影した動画 これだけの作業を二人でやるのは凄すぎる…  
 

一番驚いたのは一年で4ヶ月以上も出張しているということ!なかなか家に帰れない大変な仕事…
そして選手たちも自分がスキャンされるのに興奮するんだなと Twitterで髪型違うだろ!とツイートする選手はいますが自分が似ていないのは変な感覚なんでしょうね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です