FIFA19的コロンビア代表注目選手

この記事はFIFA19の能力値から注目選手を挙げ、代表戦を更に面白くみようというものです。

能力値は2019年3月22日時点のもの

ボランチは両者とも注目選手

ウィリマル・バリオス(スタメン) ゼニト所属 CDM 全体評価(OVR)78 ポテンシャル83

25歳のボランチ ゲーム内ではスタミナ93、ディフェンス79、フィジカル82で速さもあるボランチ しかしシュートは38と低評価

へフェルソン・レルマ(スタメン) ボーンマス所属 CDM 全体評価(OVR)79 ポテンシャル83

24歳のボランチ ゲーム内では均整の取れた能力値で、特にスタミナは90 、速さ(PAC)も75ある万能ボランチ 更に固有フェイスである。

エリベルトン・パラシオス(スタメン) アトレティコ・ナショナル所属 RB 全体評価(OVR)72 ポテンシャル77

25歳のサイドバック 速さ89でスタミナ92 

注目攻撃陣

セバスティアン・ビジャ(スタメン)ボカ・ジュニアーズ所属 RW 全体評価(OVR)69 ポテンシャル79

22歳のストライカー ゲーム内では速さを備えている有望株。 まだ低評価だが、今日の活躍で一気に能力があがるかもしれない。

アルフレド・モレロス(ベンチ) レンジャース所属 ST 全体評価(OVR)75 ポテンシャル85

22歳のストライカー ゲーム内では速さとフィジカルを備えている有望株。 今後ビッグクラブで見れるかもしれない。

ルイス・ディアス(ベンチ) アトレティコ・ジュニオール所属 LM 全体評価(OVR)73 ポテンシャル84

22歳のサイドアタッカー PAC89ととにかく速い、こちらも有望株。 

ワールドクラスの選手たち

ダヴィッドソン・サンチェス(スタメン) トッテナム所属 CB 全体評価(OVR)84 ポテンシャル88

187cmの長身と高い守備力を備えたワールドクラスが日本に立ちふさがる

ファルカオ(スタメン) ASモナコ所属 ST 全体評価(OVR)84 ポテンシャル84

一時期は低調だったものの、今や完全復活のコロンビアのエース ポジショニング89、決定力86、ヘディング89、ジャンプ91の化物

ハメス・ロドリゲス(スタメン) バイエルン・ミュンヘン所属 CAM全体評価(OVR)87 ポテンシャル88

27歳 もはや説明不要のワールドクラス パス88、シュート86、ドリブル88は半端ないって!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です