【FIFA19】代表戦で活躍した日本人選手の能力【10月版】

※このデータは2018年10月16日時点のデータです。FIFAの選手データは更新により、OVR、POTなどが変化するため最新データでは違う場合があります。

日本代表はウルグアイ代表に勝利!これで3連勝 若手の躍動が素晴らしいですがFIFA19での査定は如何程に?

代表戦3試合連続ゴール! 絶好調の南野拓実

  • レーティング73 ポテンシャル80 成長率7
  • 長所は速さ!決定力も高く複数ポジションできる万能型
  • 日本代表で大活躍中の南野拓実 今後の能力アップ間違いなしの注目選手

ポルトガルでも大活躍!中島翔哉

  • レーティング78 ポテンシャル84 成長率6
  • 固有持ちで速く!更にドリブル能力もあってスキル4、特性もりもりのジャパニーズメッシ
  • 日本代表でもポルトガルでも大活躍中の中島翔哉 セビージャの関心も報道される 移籍してしまったら獲得しにくくなるので、今が獲得しどきかも?

19歳の日本代表 冨安健洋

  • レーティング70 ポテンシャル82 成長率10
  • 最新のアップデートで能力ポテンシャル大幅アップ
  • 日本代表初出場を成し遂げた19歳のCBは逆足5と高い評価

ウルグアイ戦ゴールの堂安律

  • レーティング72 ポテンシャル81 成長率9
  • 高い俊敏性とバランス
  • ウルグアイ戦で代表初ゴールを決めた堂安律 このまま代表エースになれるか?

最後までお読みいただきありがとうございました。Twitterのフォローもよろしくお願いします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です