Jリーグが2021年シーズンも引き続きEA、コナミとパートナー契約を結ぶ FIFA22での収録はほぼ確実

2021年Jリーグパートナー契約決定【Jリーグ】より

これにより2021年シーズンもコンソール機(PS5/PS4/Xbox/PC)はEA(FIFA)、スマートフォンはコナミ(ウイニングイレブン/PES)という体制が続くと見られます。FIFA22でのJリーグ収録の可能性はほぼ確実で、アプリのウイニングイレブン2022でもJリーグ収録の可能性もほぼ確実です。

日本のJ1リーグが「FIFA 17」に登場 – EA SPORTS™より

EAとJリーグが2016年に契約を結んだ衝撃は忘れません。パートナー契約も5年目、さらなる強化に期待したいです。

https://twitter.com/we_konami/status/1248158978468507649?s=20

スマホアプリではウイニングイレブン2021が権利を持っており、FIFAにはない新シーズンでユニフォームを更新するなどこちらもJリーグを盛り上げています。(FIFAもやればいいのに)

権利持っているACL組ではほぼ全員固有とかいう手厚い待遇をしています。(FIFAもやればいいのに)

大変な2020年シーズンでしたが、2021年シーズンも両社がゲームを通じてJリーグを盛り上げてくれることを期待します。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です